仏壇・仏具・墓石は仏壇の大野屋へ【名古屋大須・稲沢・清洲に3店舗。創業安政元年の安心の専門店です。】

  

催事です

こんばんは、北名古屋店の井内誠です。 現在アピタ大口店さんで催事販売好評開催中です。 こちらでも上置型や現代型のお仏壇を多数展示しています。 大きなお仏壇からのお買い換えをご検討中の方や洋間に安置したい方、 僕自身も売場に居ますので、現地にいらっしゃいましたらお気軽にお声がけ下さい。 IMG_4263.JPG

9月14日(木)から

こんばんは、北名古屋店の井内誠です。

明日9月14日(木)から19日(火)15時頃まで、アピタ大口店さんで催事販売を開催致します。

本日午前中は現地で設営をさせて頂いておりましたが、

通りがかりの方々が興味深く商品を手に取ってくださったり、仏壇や仏事に関するご質問も数点頂きました。

期間限定です、大型ショッピングセンターの一角ですので気兼ねなくお立ち寄り頂けるかと思います。

皆様是非この機会にご来店頂ければ幸いかと存じます。

アピタ大口店さんの情報はこちらから

大日如来

こんばんは、北名古屋店の井内誠です。

本日は楽天ショッピングサイトに非常に上等な大日如来像を掲載致しましたのでご紹介させて頂きます。

大日如来というと真言宗の御本尊として、または密教の根本本尊としてお寺やお仏壇で見かけることがあるかと思います。

もともとは奈良の大仏に代表される盧遮那仏(るしゃなぶつ)が太陽神信仰と関係して派生したともいわれているようです。

神格を超えた超存在的な存在だと考えられ、宇宙の真理そのものが具象化した姿がこの大日如来だともいわれます。

その至上の如来を、緻密な彫刻と絶妙なバランスで配された金箔と極彩色で表現した、これ以上無いくらいの逸品です。

加えて本体には玉眼(ガラスの目玉)が埋め込まれた最高級の仕様になっております。

お値段は相当額ですが、一般的に販売される金額よりも大分お値打ちに掲載させて頂いております。

上質な御本尊が欲しいと思っていた方や、持仏として日頃から念じたい方、おすすめです。

大日如来はこちら

大日如来3307.jpg

普賢菩薩

仏像の持物にはそれぞれ意味が込められており、多くの場合、仏像の種類によって何を持つかやどういった姿にするかということは決まりがあります。

その決まりの多いなかで、普賢菩薩という菩薩像は特定の姿や持物というものが定まっていないように思います。

座像・立像の違いの他に蓮華を持つ場合や合掌する場合等多くの造例が存在します。

今回ご紹介する普賢菩薩は手に蓮のつぼみを持った姿です。

普賢菩薩についての細かい説明は商品ページでしておりますので省略しますが、

特定の姿を持たない普賢菩薩をどのように区別をするかというと、

普賢菩薩はほとんどの場合、象に乗った姿または台座に象があしらわれたもので表されるので、

象とともに表現される菩薩像があればほぼ普賢菩薩だといえるかもしれません。

こちらの仏像は白檀で彫られており、長期在庫のおかげで質感も熟成されている極上品です。

このクラスのものは他にはなかなか見られませんので、この機会に是非ご検討ください。

普賢菩薩白檀のページはこちら