お彼岸のおはなし

お彼岸のはなし 蓮の花
 「彼岸」という言葉は、サンスクリット語の「波羅蜜多(はらみた)」からきているのです。この言葉は、仏の悟りの世界である向こうの岸に渡るという意味をもっています。昔は向こう岸に渡るためには、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」、つまり「布施(ふせ)」「持戒(じかい)」「忍辱(にんにく)」「精進(しょうじん)」「禅定(ぜんじょう)」「智慧(ちえ)」の徳をつむために修行をしなければなりませんでした。

 こんな考え方から、昔のインドや中国では、仏の世界へ行けることを願って七日間の修行がさかんに行われていたのです。こんなインドや中国の風習は日本にも伝わってきました。しかしいつの間にか先祖供養の風習へと変わっていったのです。なぜかという理由はさだかではありません。一説によると、聖徳太子が仏教信仰を広めるために、「彼岸」と日本古来の「先祖を敬う祭り」を結びつけたのではないかとも言われています。
いずれにせよ日本でのお彼岸は、ご先祖のご供養をしたり、お墓参りをする独特の行事となっています。この時期はご先祖様と今は亡き方を心から偲んでみる時として大切にしたいものですね。
お彼岸のしきたり
 彼岸の入りの前日には家の仏壇を掃除して新しい花を供えます。お彼岸の期間中は、朝と晩にお灯明をともしてお線香をあげ、彼岸の明けまでにはお墓参りをします。お彼岸には、故人が好きだった物や果物、そして春の彼岸には「ぼた餅」をお供えします。
お彼岸のはなし 桶
お彼岸のはなし
お問い合わせはお気軽に