お彼岸のおはなし

お彼岸のはなし 蓮の花
 お彼岸は、極楽浄土は西にあるという「西方浄土説」が由縁になっています。
 仏教のことばで、川の向こうのことを「彼岸」といい、悟りの世界、仏の世界のことを意味します。お彼岸の中日、春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇って真西に沈む日です。つまり極楽浄土(彼岸)の方向が正しく示されるということから、日本では極楽浄土にいるご先祖を偲ぶ期間となったのです。
お彼岸のしきたり
 今年の春のお彼岸の中日は3月20日で、3日前の期間を「彼岸の入り」、3日後の期間を「彼岸の明け」といいます。彼岸の入りの前日には家の仏壇を掃除して新しい花を供えます。お彼岸の期間中は、朝と晩にお灯明をともしてお線香をあげ、彼岸の明けまでにはお墓参りをします。お彼岸には、故人が好きだった物や果物、そして「ぼた餅」をお供えします。
お彼岸のはなし 桶
お彼岸のはなし ぼた餅
 雑談ですが、春の彼岸には「ぼた餅」を、秋の彼岸には「おはぎ」をお供えしますが、「ぼた餅」も「おはぎ」も同じ物で呼び名だけがちがいます。「ぼた餅」は春の花「牡丹」から、「おはぎ」は秋の草「萩」からその名がついた呼び名です。
 さて、お彼岸にご先祖のご供養をしたり、お墓参りをするのは日本独特の行事です。私たちをこの世に存在させてくださったご先祖様と今は亡き方を心から偲んでみる時期として大切にしたいものですね。
お彼岸のはなし
お問い合わせはお気軽に