近親者が亡くなって、 一定期間喪に服すことを
「忌服(きぶく)」といいます。
亡くなった日から忌明けまでを「忌中(きちゅう)」といい忌に服し、
一年間は「喪中(もちゅう)」といい喪に服すしきたりがあります。
日本での「忌服」は一般的に仏教の考え方から四十九日までとされています。
忌服中のお正月行事
忌服中は正月行事は控えます。しめ縄や門松、鏡餅などの飾りは一切控えます。
お節料理やお屠蘇の用意もしないのがしきたりです。また、年始回りや初詣も控えます。
年賀状のやりとりをしている方には、早々に欠礼状を送り喪中であることをお伝えします。
もし年賀状を頂いてしまった時は、寒中見舞として返事を書きます。
神社への参拝
忌服中の神社参拝は控え、氏神の祭事なども控えます。
慶事への出席
結婚式などの華やかな場に出席するのは控えます。
最近ではお付き合いの都合で出席する場合もありがちですが、
一般的に両親や子供、同居の親族が亡くなった場合は控えるべきでしよう。
お中元・お歳暮
お中元やお歳暮はお祝いではありませんので、四十九日後であればかまいません。
ただし、紅白の水引などは控えます。
故人の冥福を祈る気持ちを持ちながら、できる限りの慎みを持ったすごし方をされることが肝心
お問い合わせはお気軽に